営業マンより分かりやすい!パートナーエージェントさんの各コース比較/評価/選び方/注意点 +考察

パートナーエージェント

『パートナーエージェント』の各コース比較/分析/評価/選び方の紹介になります。他の結婚相談所にはない、特徴的な重要サービスピックアップし、ご紹介します。

パートナーエージェントの特徴

成婚率

パートナーエージェントさんのトップヘージは、”成婚率”が紹介されています。

“成婚率”が高い理由は、”コンシェルジュのサポート”が手厚いからと思われます。しかし・・・

成婚率も注意が必要です。パートナーエージェントは1年会の退会者が母数です。一般には”成婚率”は
成婚した人÷全会員数
この式を思い浮かべると思いますが、パートナーエージェントさんの式は以下の式です。
1年間で成婚退会した人 ÷ 1年間で退会した人

グリーンマリッジが所属している日本仲人協会は①の式を使っています。もしかしたら「グラフの他の大手2社」は①の式を使っている可能性もあります。また、「国内一般の平均婚姻率」もグラフに入っていますが、母数も計算式も違うものが並べられています。 

ご参考:成婚率の謎に詳細を記載してあります。

コンシェルジュによるサポート重視

社名の通り、会員さんのパートナーとしてサービス重視なのが、「パートナーエージェント」さんの特徴です。成婚率を上げるため、PDCA(Plan:計画、Do:実行、Chech:振り返り、Act:見直し)というサイクルを回すことで、会員さんの婚活力を高めていく仕組みができています。

婚活改善サイクル

コンシェルジュのサポート内容

入会前、活動中、成婚後にそれぞれ専門のコンシェルジュにより婚活がサポートサービスが整備されています。

分野ごとのサポート内容
 

9つの出会いのバリエーション

以下のような、出会いのバリエーションがあります。

9つのバリエーションの機会

「データマッチング」と「AIマッチング」について以下に補足説明します。

データマッチング
年齢、地域、職業、趣味、禁煙・・等をマッチングするものです。

AIマッチング
顔認証によるマッチングや過去の会員行動により、マッチしそうなお相手を提案する機能です。

確認したい事項

“9つの出会いのバリエーション”は、よりあなたにマッチしそうなお相手を提案するサービスです。

「提案されるマッチしそうなお相手」=「Yesを返してくれるお相手」
この式が成り立つのであれば良いサービスです。

上記の式が成り立たないのであれば、単に客引き的なサービスメニューということになりす。

グリーンマリッジは、「Yesを頂けるようにアプローチする」を重視し会員さんをサポートしています。

補足

“パートナーエージェントの特徴”としての紹介記事ですが、上記の”9つの出会いのバリエーション”は他の結婚相談所でも同等のサービスはあります。特に「パートナーエージェント」さんならではというような内容のものではありません。

  

会員数

約3万人は紹介可能人数で、「パートナーエージェント」さんの会員数は約1万人です。

 

各サービス料金と内容比較

パートナーエージェントさんの「コースと費用」ページから以下の表を作成しました。

   ライトコンシェルジュエグゼクティブ
初期費用(税別)6.0万円12.5万円12.5万円
月会費(税別)1.3万円1.7万円2.4万円
1年総額(税別)22万円33万円41万円
申し込み可能人数/月12515
紹介人数(月)468
面談回数(年)0412

更に、上記の表を以下にグラフ化しまた。

 

まずはコスパの良いメニューを見つける

入会時は、「どのコースにするか」を選ぶ必要があります。ホームページや資料請求してサービス内容を見て好きなものを選べば良いのですが、どれを選ぶかは、”予算”からか”サービス”内容からになります。しかし、

どのコースを選んで良いかよくわからない

という方が多いと思います。お金に余裕があれば、「エグゼクティブコース」を選んでおくのは安心です。しかし、人によっては「エグゼクティブコース」は無駄という人もあります。つまり、

  • 自分に合ったコースを選ぶ
  • 選んだコースに合った行動をする

といったことが重要です。しかし、まずは基本的な「コースメニューの選び方」ということを知っておくと良いです。

重要サービスはどれか

パートナーエージェントさんのサービスは以下の3つの主要サービスがあり、これらの差異が料金の差異となっています。

面談回数、紹介人数、申し込み可能人数

この中で、「最も重要なサービスはどれか?」と言うなら、それは

“申し込み可能人数”

です。なぜなら”申し込み可能人数”が0人だったらお見合い(出会い)が成り立ちません。そして、多くの結婚相談所のサービスメニューで差を持たせているのは、この“申し込み可能人数”で金額設定がされています。

如何に早く成婚できるかは、いかに多くの申し込みをするか
にかかっているからです。

当社が所属する「日本仲人協会」以外の結婚相談所で、
“申し込み可能人数”に縛りが無い
結婚相談所は今のところ見つかっていません。

面談回数、紹介人数等、コースによって違いますがそれらの回数よりもまずは、

「申し込み可能人数」に着目してコースを選ぶことをお勧めします。

多くの結婚相談所(日本仲人協会は別)は、コース設定において必ず「申し込み可能人数」で料金を分けています。

当社の各社比較は常に「申し込み可能人数」当たりのコスパを計算していますので、パートナーエージェントさんもこの切り口で計算をしてみます。

まずは、1サービスあたりの金額をだすため、各コースの1年の総額料金をサービス数で割り算します。

コンシェルジュ、エグゼクティブは、申し込み・紹介・面談と3つのサービスがありますが、ライトは面談サービスがないので2つのサービスとなります。ですので、各料金をサービス当たりの料金の計算式は以下の通りとなります。

ライト     : 22万円/年 ÷ 2 = 11万円/年
コンシェルジュ : 33万円/年 ÷ 3 = 11万円/年
エグゼクティブ : 41万円/年 ÷ 3 = 14万円/年

つぎに、婚活する上で最重要サービスである「申し込み可能人数」1年間の人数を算出してみます。

ライト    : 12人/月 × 12ヶ月 = 144人/年
コンシェルジュ : 5人/月 × 12ヶ月 = 60人/年
エグゼクティブ : 15人/月 × 12ヶ月 = 180人/年

では、各コースは、一人当たりのお申し込みに幾らとなるのかを計算してみます。

  申し込みサービス1年分(万円) 申し込み可能人数/年 1人当たりの料金
ライト 10.8万円 144人/年 750円
コンシェルジュ 11.0万円 60人/年 1,828円
エグゼクティブ 13.8万円 180人/年 765円

 

出会いのコスパという観点から、最も選んではいけないサービスは、コンシェルジュコースです。

コンシェルジュコースのコンセプト?

結婚相談所は、「出会いを提供する」が最重要サービスですが、出会うための第一歩”お申し込み”に対して最も高額なコースがコンシェルジュコースです。

申し込み出来る数が少ない = 出会えるチャンスが少ない

この式に疑問を持つ人はいないと思います。となると

コンシェルジュコースのコンセプトは
出会えるチャンスの重要度 < 面談回数が年4回の重要度 
です。

婚活アドバイザー視点からコンシェルジュコースは「選んではいけないサービス」です。おそらく、このコースは見せ球的なサービスでエグゼクティブコースに誘導されると推測されます。

パートナーエージェントさんはライトコースかエグゼクティブコースの二択です

結婚相談所での最重要サービスは“申し込み可能人数”です。

「この“申し込み”をいかに効率よく、多く申し込むか

で、成婚までの月日の長さが決まります。ですのでパートナーエージェントさんの場合、この観点からすると前述の通り「コンシェルジュコース」の付加価値は低いコースです。

アドバイス無しで婚活に自信がある人は、ライトコース。

アドバイスがほしい人は、エグゼクティブコースがお勧めです。

「月6千円」節約して、コンシェルジュコースを選ぶ際は前述した以下の式に合意したことになります。

出会えるチャンスの重要度 < 面談回数が年4回の重要度 

結果的に成婚が早まるのか遠のくのかをよくお考えの上、コンシェルジュコースを選択することお勧めします。

パートナーエージェントさんご検討中の方。オフィシャルサイトよりわかりやすく説明いたします。

当社の営業することなく、第三者的な視点であなたのお悩みに対して無料で相談受け付けております。あなたにとってパートナーエージェントさんの選ぶべきコースをセカンドオピニオン的にご提案できます。
お気軽にこちらからお問い合わせください。