結婚相談所によって違う成婚率の謎?成婚率90%とは?

数値について

一般的に結婚相談所の成婚率は、5%~20%で10%を超えれば多い方と言われています。しかし、中には
  成婚率90%!
と謳っている結婚相談所もあります。90%については後で記しますが、いずれにしてもこの

数値が高い = 結婚できる可能性が高い

と感じますが、「そもそも成婚率の計算式とは?」を確認する必要があります。  

成婚率の計算式

一般的に思い浮かべる計算式は以下の式だと思います。
(成婚退会した人数)÷(全会員数)
しかし、こんな式もあります。
 (一定期間の成婚退会した人数)÷(一定期間の退会者数)
成婚率90%はこちらの式を使っているかと思います。

ちなみに、
(成婚者数÷真剣交際者数)
このような式もありようです。

成婚の定義

実は、成婚の定義も曖昧です。日本仲人協会は「成婚退会」としていますが、
「プロポーズ」「旅行に行った」ということを”成婚”としているところもあるようです。 

結局のところ成婚率とは何?

「各社定義がバラバラで、定まった答えはない」が答えだと思います。しかし、”成婚率”と聞いて思い浮かべる計算式は、冒頭で書いたように以下の式とするのが一般的です。

(成婚退会した人数)÷(全会員数)

で、更に”成婚率”をどう捉えるかというなら、高校の”進学率”のような数値と見ても良いと思います。以下に詳しく書きますが、この数値が高いにこしたことは有りませんが、

進学率だけで学校を決めますか。

ということだと思います。飽くまで参考値であり、結局は

自分に合った結婚相談所を選ぶ

ということが重要です。

 

成婚率の高い(低い)のは何故?

成婚率が結婚相談所で違うのは、基本的にはサービス内容とコンシェルジュのサポート力と知識の豊富さの違いです。セルフサービス型になると5%以下になります。業界の当事者が言うのもなんですが、

 

1.結婚相談所はそれぞれサービス内容が違う。
2.コンシェルジュ(仲人)も担当者毎にレベルがあります。

上記の2つのサポート力によって成婚率は上がります。とにもかくにも、

結婚相談所によって成婚率は違うのは確か

ですが、使っている式が確認出来なければ比較のしようがない。ですので、

成婚率で結婚相談所を選んではいけない

が結論になるかと思います。

ご参考までに、高い成婚率を望まれるのならな、「会費の高い結婚相談所を選ぶ」という選択肢はあります。

会費の高さと成婚率は比例関係があります。

企業のお金の投じ方によっては会費が高止まりする傾向があります。企業として、高品質なサービスをするにはそれなりのお金が必要です。とうぜんそのお金は会員様から頂くことになるので、会費は高くなります。その高い会費をはらえるのは比較的年収の高い人が入会します。特に男性の場合、高年収の方は引き合いが多くなるので、結果的に成功率が上がるとという下図のような好循環になります。

結論

成婚率よりも、「どのうようなサポートをしてもらえるのか。」を確認されると良いです。また、大きな選択肢としては、

「①手厚いサポートが欲しい」「②サポートはある程度で良い」「③セルフサービスよい」の何れかになります。

成婚率業界No.1と謳っているのはパートナーエージェントです。そして、サービス内容を見ると確かに良いサービスが用意されています。「③セルフサービスでよい」という方は婚活アプリが良いでしょう。又はセルフサービス型に近い低価格の結婚相談所がお勧めです。

当社は金額的には①②の中間的な位置づけになります。

詳しくは、サービス内容をご参照ください。

他の結婚相談所に入られている方でも丁寧にご説明します。掲載についての質問もお気軽にこちらからお問い合わせください。

グリーンマリッジは、他の結婚相談所にはない特徴があります。概要はこちらに記載しております。