アラフォー女性婚活のお悩み

現状認識から

ときおり、書かせていただいていますが、婚活にも「市場原理」が働きます。厳しい言い方かもしれませんが現実を把握し受け入れるところがらがスタートとなります。「アラフォー女性の婚活は辛い」という書き込みもあり、容姿端麗(ようしたんれい)の方ならまだしも、「なかなか真剣交際に入れない」とか、「お見合いにもいたらない」という方も少なくないと思います。また、婚歴があるとさらにその厳しさが増す傾向はあります。

アラフォー男性ですと、子供授かることを考かているケースも多々あり、男性からすると35歳前後、もしくはそれ以下の年齢の女性を選ぶ傾向があります。それに対して、女性は2~3歳年上を好む傾向がありますから、男女とも選ぶお相手が相互に違っていて、これがお見合いにいたらない難しさの原因の一つになっています。

また、ターゲットとする男性条件が「大卒」「身長170cm以上」「年収500万円以上」となると、よほど女性側に光るものがないとお見合いに至るケースは少ないです。なぜならそのような男性には30代前半の女性からもアプローチがあるので、男性からするとアラフォー女性はそもそも視野に入っていないことになります。

 

可能性を広げる

アラフォー女性に限ったことではありませんが、お相手に対する必須条件と任意条件を精査し、ターゲットとするお相手の範囲を広げることです。また、コンシェルジュ(婚活アドバイザー)から、別な観点の条件も提案してもらえと良いかもしれません。

当社の場合は、結婚感や理想の家庭をヒアリングさせていただき、そこからお相手の条件設定をしております。いずれにしても、条件は緩めに設定してお見合いの可能性を増やすことが重要です。当社の会員様にもお伝えしていることですが、「結局は会ってみないと分からない」ということです。十人十色と言われるように人には、それぞれ良い点もあれば、弱さもあります。

日本仲人協会の中西会長は「嫌いでければ結婚しなさい」なんて、言っています。ちょっと乱暴な言葉に聞こえますが、私には含蓄(かんちく)のある言葉に聞こえます。別な機会に、解説をしてみたいとおもいますが、日本仲人協会の一つの指針である「多くの人に会っていただく」ことを強くお勧めします。いろいろな人を見ることで、欠点が利点に見えてくることもあります。また、お相手に対する条件設定も見直す機会が出てくることもあります。

 

自己PRやアプローチ文の工夫をする

プロフィールやアプローチ文の見直しや記載方法の工夫をお勧めします。既に、これらのサポートサービスがある場合は、良いですが結婚相談所もセルフサービスに近いケースもあので、そのような場合は信頼できる人に見てもらったりして、ブラッシュアップをされると良いと思います。でも、できればその道のプロに添削してもらうのがベターです。

そして、アプローチ文は相手によって毎回、書くのが基本です。テンプレート文だと、受けた側はすぐに分かります。アプローチ文は短い文でも、生涯をともに過ごす可能性がある人へ記載する初めての手紙です。お一人お一人丁寧に文章を考える癖を付けて頂きたいと思います。

 

まとめ

・お相手の条件を確認し、広めの条件設定とし、お見合いの数を増やす
・自己PR文やアプローチ文を見直し、アピール力を上げる

他の結婚相談所に入られている方でも、無料相談はできます。お気軽にお問い合わせください。

グリーンマリッジは、他の結婚相談所にはない特徴があります。概要はこちらに記載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。